ジェネリック医薬品って?ED治療薬「シアマス」とその魅力

  1. ジェネリック医薬品って?ED治療薬「シアマス」とその魅力   >  
  2. ジェネリック医薬品〜魅力

ジェネリック医薬品〜魅力

家計と貯金

世界でも多くの各国が利用しているジェネリック医薬品。多くの人々に支持されるには大きな魅力があるのだと考えます。患者さんだけではなく、お財布や国の経営にもやさしいジェネリック医薬品の魅力を探ってみましょう。

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を同じ量使って作られています。違いがあるのは、お薬の形状、色、味、添加物など。別の会社が特許を持っていて使えなかったり、飲みにくいお薬を飲みやすくしたり、安定性を良くするためにあえて変えることもあるのです。でもどの場合も、お薬の効き目や安全性に影響しない範囲と定められており、同じ効き目や安全性が同じだと確認するために、溶出試験や生物学的同等性試験、安定性試験など、たくさんの厳しい試験をクリアしないと、ジェネリック医薬品は発売することができないため、安全性において万全であることが解るでしょう。

またお薬は、開発した会社が特許を取ると、20〜25年の間、その会社が独占的に製造・販売ができ、この特許が切れた後、開発した会社とは別の会社が同じ有効成分を使って製造・販売するお薬がジェネリック医薬品なのです。開発にかかる期間は、新薬が9〜17年。それに比べて、ジェネリック医薬品は新薬ですでに有効性や安全性が確認された有効成分を使って開発されるので、開発期間が3〜5年と短い。期間が短い分、開発にかかるコストも大幅に抑えられるため、国が価格を新薬の約2〜5割に設定しているので、新薬に比べて安価で薬を入手できるのです。その上、効果や効能は新薬と同一であることは、ジェネリック医薬品最大の醍醐味といえるでしょう。また、副作用も安いから発症しやすいなどありませんので、安心して服用ができます。