ジェネリック医薬品って?ED治療薬「シアマス」とその魅力

  1. ジェネリック医薬品って?ED治療薬「シアマス」とその魅力   >  
  2. シアマス〜注意点について

シアマス〜注意点について

腹痛と男性

シアマスは高い効果や効能に期待できる分、それに伴う副作用や注意しなければならない飲み方も併せて知っておくといいでしょう。副作用の発症は人それぞれですが、もし起こった時に身構えが出来るのです。

シアマスの副作用は、顔の火照り感・目の充血・頭痛・動悸・鼻づまり・視野が青色調に見えるなど、以上のようなものが知られておりますが薬の効果がきれると自然と症状は治まりますのでご安心ください。PDE-5阻害剤の副作用はそれぞれのED治療薬で頻度の違いはありますが、どの薬剤も同様の副症が見られます。シアマスは他のED治療薬より副作用の頻度が少ない薬剤です。

もともとシアマス等は血管拡張剤ですので「顔のほてり」、「目の充血」などが多くの方に見られますがこれらは効果発現のサインと思っていただくと良いと思います。「頭痛」、「動悸」も知られています。これらの副作用は飲酒の時の症状をイメージしていただくとわかりやすいでしょう。

シアマスは効果発現までに時間がかかります。また個人差が出やすく、効果発現までに時間のかかる方がいますので、少し早めに服用してみましょう。また800Kcal以上の食事摂取で効果が減弱します。食事・アルコールの影響が最も少ないシアマスでも食べ過ぎ、飲みすぎには注意が必要です。ED薬を服用することが初めての方などは緊張や不安でED薬の服用し始めはきちんと薬効が見られない場合があります。服用4回目までは効果が見られる方の割合が増えていきます。5〜6回服用し効果判定しましょう。EDの程度が強い場合、シアマスでは効果が見られない可能性があります。その場合は、他のED治療薬への切り替えや対応を検討しましょう。